STUDIO GRAND JUTE

タイ伝統工芸フルーツ・ソープカービング&家庭料理教室です。 「grand jute(グラン ジュテ)」とは、大きく踏み出しという意味です。新たな世界にチャレンジしてみませんか? ゆったりと楽しくタイカービング&お料理をお届けいたします。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母から伝授「手作りこんにゃく」

母に「手作りこんにゃく」を教えてもらいました。
コンニャク
原料のコンニャク芋です。
素手で触ると大変痒くなりかぶれてしまいます
皮をむき切るのは母の仕事・・・私はミキサーを使って適量の芋・水を測り粉砕係です。
3時間後いよいよコンニャク作りです。

2011_1211_145946-P1060770_convert_20111216172430.jpg
凝固剤を入れてコネコネ
軟らかいコンニャク液が段々固くなってきます
混ぜる事1時間
試し茹でし固まらず溶けたら失敗なんですって、ドキドキの試し茹で・・・・
「お願い固まっていて コンニャクさま」

2011_1211_160519-P1060778_convert_20111216172520.jpg
2011_1211_160430-P1060776_convert_20111216172551.jpg
大成功
大きな釜で茹でます。
田舎では、たくさん作る時は木のストーブが大活躍です。

2011_1212_083250-P1060779_convert_20111216172611.jpg
出来上がり・・・・不格好ですね
でもまだまだ食べれません。
流水で1週間さらすですって!!

あれから1週間
持ち帰り毎日水を交換しやっと食べる日がきました。
2011_1216_145523-P1060783_convert_20111216172634.jpg
早速作った料理は・・・・もちろん「おでん」
プリプリしてとっても美味しいコンニャクでしたよ
スポンサーサイト
【 2011/12/16 (Fri) 】 栞(ライフ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。